テレクラの歴史と未来

girls with big buttocks

90年代にツーショットというものが流行しました。
これは男女が1本の電話をきっかけに仲を深め、2人の気が合えば実際に会うこともできた一種の出会い系サービスです。
そのツーショットをサービスとして提供していたのがテレフォンクラブ、通称テレクラです。
テレクラでは、男性客に個室で待機していただき、そこに女性からの着信がくるというものでした。
そこからは自由に2人で会話を広げていただき、2人がよければ実際に会ってもかまわないというサービスです。
しかし、電話が進化していくにつれてテレクラは減っていき、今では電話を使った出会い系サービス全般のことをテレクラと呼ぶようになっています。
そのため、現代ではテレクラとツーショットダイヤルがほぼ同じ意味で使用されています。

店舗としてのテレクラは減ったものの、今でも営業している店舗もあります。
また広義の意味でのテレクラも今もなお非常に高い人気を誇っています。
ネット社会と呼ばれ、メールやSNSが発達した現代において、なぜテレクラは今でも高い人気を維持できるのでしょうか。
それは手軽さと安全性からくるものだと考えられます。
テレクラは電話さえあれば簡単におこなうことができます。
また、会話のみでの関係なので、危険に遭うこともないことが大きいです。
それでいてテレフォンセックスなどにより高い興奮度と満足度を味わうことができるので、人気のアダルトコンテンツとして現代においても多く利用されているのです。

テレクラは電話の発展とともに進化してきました。
電話から始まる出会いのためのツールから、エッチな言葉を用いて性的関係を持つテレフォンセックスへと形を変えました。
最近ではテレビ電話の発達から、女の子がリアルタイムで自分の状況を映像で流し、それを男性視聴者がチャットで会話しながら楽しむというライブチャットも増えています。
これからもネットや電話の技術は進化し続けることでしょう。
それによってテレクラがさらにどう変わっていくのかに期待したいですね。